TOP > よくあるご質問 > 医療レーザーによる永久脱毛は、体へのリスクはないですか?

よくあるご質問

Q 医療レーザーによる永久脱毛は、体へのリスクはないですか?

永久脱毛に興味がありますが、医療レーザーは放射線のように体内に吸収されたり、悪影響を及ぼしたりするのでしょうか?
また、最近加齢によるシミも気になるため、レーザーの影響でシミが増えたり、皮膚がんのリスクが高まらないかどうかという点も不安です。

A

img 通常、医療機関で使用されるレーザーおよび永久脱毛の施術が身体へ悪影響を及ぼすことはありません。 但し、光アレルギーのある方や光感受性のある薬を服用している方、日焼けの影響が強く残っている方、色素斑などの色素性病変がある方、妊娠やその可能性のある方などは医師や看護師にご確認ください。

イデア美容皮膚科クリニック(柏院・船橋院)で使用している脱毛機器をはじめ、通常、医療脱毛で使用するレーザーは、皮膚表面から3~4ミリ程度の深さ(毛根あたり)までしか届かないため、血管や内臓などへの影響を与えることは全くありません。
また、シミや皮膚がんの原因である紫外線と、医療レーザーは全く性質の異なる波長ですから、ご心配はありません。

【医療レーザーによる永久脱毛で注意が必要な方】
・光アレルギーのある方
光アレルギーの方は、紫外線に弱い場合が多く、レーザー照射後、軽い日焼けで発疹や水膨れ、ヤケドなどの症状が出る可能性があります。

・光感受性のある薬を服用している方
光感受性のある薬を服用している場合、薬が紫外線に反応しやすくなると言われており、レーザー照射後、軽い日焼けで発疹や水膨れ、ヤケドなどの症状が出る可能性があります。

・日焼けの影響が強く残っている方
医療レーザーは、黒い色素に反応するため、レーザー照射中に、炎症やヤケドなどが発生する恐れがあります。

・色素斑などの色素性病変がある方
色素斑などの色素性病変がある方も、レーザー照射中の炎症やヤケドなどのリスクが高まります。

上記のいずれかに該当する方は、脱毛施術をスタートする前に、必ず医師や看護師にご確認ください。

【妊娠やその可能性のある方】
妊娠中の方は、ホルモンバランスが不安定になるため脱毛効果が現れにくい、炎症や肌トラブルが起きやすい、脱毛中の体勢が身体に負担がかかる恐れがあるなどの理由で、脱毛施術は行っておりません。
出産後、体調が整ってきた後に脱毛を再開していただければと思います。

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談下さい。

メールでのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

柏院 0120-956-901 【診療時間】11~19時 【休診日】月曜、水曜

船橋院 0120-957-598 【診療時間】11~19時 【休診日】月曜

トップに戻る