TEL

無料カウンセリング予約

  • 東京 渋谷院
  • 0120-3888-76
  • 東京 新宿院
  • 0120-3888-65
  • 東京 池袋院
  • 0120-3888-25
  • 東京 銀座院
  • 0120-3888-29
  • 大阪 梅田院
  • 0120-3888-67
  • 大阪 心斎橋院
  • 0120-3888-18

再診予約の方はこちらから>>

【電話受付時間】
月~土 10:30~20:00
日・祝 10:30~19:00

無料カウンセリング
予約する

TOP > よくあるご質問 > 永久脱毛にリスクや体への悪影響はないですか?

よくあるご質問

Q 永久脱毛にリスクや体への悪影響はないですか?

A

通常、永久脱毛の施術が身体へ悪影響を及ぼすことはありません。ただし、火傷や毛嚢炎など、リスクはいくつかあります。

img 永久脱毛は、医療レーザー機器を使用して行います。肌へレーザーを照射することから、その光が身体へ悪影響を及ぼさないか、心配される声も少なくはありません。
ただし、これまでに永久脱毛を行ったことで、身体へ悪い影響を及ぼしたといった症例は報告されていませんので、ご安心ください。
また医療レーザーは、高い永久脱毛効果はもちろん、肌への安全性を十分考慮して医療用に開発されたレーザーです。そのため、照射に伴う肌へのダメージも、極めて少ないと言えるでしょう。

ただし肌の状態によっては、永久脱毛により火傷や毛嚢炎などが発生する可能性も考えられます。
さらに、次に該当する方は、医師や看護師までご相談くださいませ。

・光アレルギーのある方
・光感受性のある薬を服用している方
・日焼けの影響が強く残っている方
・色素斑などの色素性病変がある方
・妊娠やその可能性のある方

永久脱毛で考えられるリスク

【永久脱毛のリスク①】毛嚢炎(もうのうえん)

img 毛嚢炎とは、皮膚に現れるブツブツとした炎症のことを言います。一見、ニキビのようにも見えるのですが、痛みやかゆみも少なく、赤みも弱いことが特徴です。
永久脱毛は、毛根にある「毛母細胞」を破壊することで効果をもたらします。
しかし、熱により毛母細胞だけでなく毛包(毛穴)へも多少の刺激が加わってしまうのはどうしても避けられません。
特に照射直後は、肌のバリア機能が一時的に低下してしまいます。
バリア機能が弱まってしまうと、皮膚の常在菌であるブドウ球菌が毛包へ入り込み、炎症を起こしてしまうことがあります。

■毛嚢炎のリスクを減らすためには?

脱毛直後に限らず、皮膚が湿った状態が長く続いたり、衛生状態が良くなかったりすると毛嚢炎を発症することがあります。
脱毛前後の肌の衛生状態をしっかりと保つことで、毛嚢炎のリスクを減らすことができます。
特に、汗をかく機会の多い夏場には、こまめに汗をふくなど対策を行いましょう。
また、免疫力の低下によっても毛嚢炎のリスクが高まってしまうので、規則正しい生活も毛嚢炎の予防に繋がります。

【永久脱毛のリスク②】火傷

医療レーザーは、毛に含まれる黒いメラニン色素に反応するレーザーを照射し、熱を与えます。そして、その熱エネルギーで、毛を生成する毛母細胞を破壊して永久脱毛を行います。
ご存知の通り、メラニン色素は肌にも含まれています。

そのため、日焼けした肌や、生まれつきの色黒肌など、皮膚に含まれるメラニン色素量が多い場合には、レーザーが過剰に反応してしまい、火傷や炎症などの肌ダメージを起こしてしまうことも考えられます。

■火傷のリスクを減らすためには?

基本的に、多少の色黒肌の場合は、レーザー照射の出力調整を行うことで火傷が起こらないように、事前対応することができます。ご安心ください。
ただし、肌の色に関わらず、脱毛期間中に紫外線を浴び、日焼けをしてしまうと火傷のリスクが高まってしまい危険です。
肌の色が見た目では変わっていないように見えても、メラニン色素が皮膚の内部で増えていることがあるからです。
脱毛期間中はしっかりと日焼け対策を行い、もし日焼けをしてしまった場合には事前にクリニックに報告しましょう。施術日を変更するなど、安全に永久脱毛ができるよう対応いたします。

»なぜ日焼けすると脱毛できないの?詳しくはこちら

これらの永久脱毛のリスクは、いずれもケアをしっかり行うことで減らすことができます。また万が一、毛嚢炎や火傷が発生した際にも、医師の診察の上、お薬の処方を行うことができます。
これはエステサロンなどにはない、美容皮膚科ならではの利点と言えるでしょう。

永久脱毛で注意が必要な方

肌質や体質などは、十人十色。
すべての方に同じ施術を行っても、すべての方にリスクがないとは言えません。永久脱毛のリスクを回避するため、以下の方はご注意ください。
カウンセリングや診察で必ずご申告いただきますよう、お願いします。

光アレルギーのある方

光アレルギーの“光”とは、主に「紫外線」を示すことが多いとされています。その点では、レーザーが直接アレルギーの対象となる可能性は少ないわけですが、なかには照射によって肌のバリア機能が低下し、多少紫外線を浴びただけでも、発疹や水膨れ、火傷などが起こってしまうリスクが考えられます。

光感受性のある薬を服用している方

光感受性のある薬を服用している場合、その薬が紫外線に反応しやすくなるリスクが心配されます。レーザー照射後、軽い日焼けで発疹や水膨れ、ヤケドなどの症状が出る可能性があります。

色素斑などの色素性病変がある方

色素斑などの色素性病変がある方も、レーザー照射中の炎症や火傷などのリスクが高まります。

妊娠中またその可能性のある方

妊娠中の方は、ホルモンバランスが不安定になることから、脱毛効果も不安定になりやすく、炎症や肌トラブルが起きやすいと言えます。さらに妊娠中は、脱毛中の体勢が身体に負担がかかる恐れがあるため、当院では脱毛施術を行うことはできません。
出産後、体調が整ってきた後に脱毛を再開していただければと思います。

これらの症状にお心当たりがある方は、永久脱毛前に、医師・看護師までご相談ください。

永久脱毛によるリスクが心配な方は、無料カウンセリングでご相談ください

永久脱毛は、安全で効果的な施術ではありますが、どんなに安全な施術だとわかっていても、ご自身のケースではどうなのか、気になる方もいらっしゃることでしょう。

そのためフェミークリニックでは、無料カウンセリングを実施中です。
ぜひお気軽に、ご相談下さいませ。

カウンセリングは無料です。お気軽にご相談下さい。

メールでのお問い合わせ

電話でのお問い合わせ

電話受付時間:月~土 10:30~20:00 / 日・祝 10:30~19:00
診察時間:月~土 10:30~20:00 / 日・祝 10:30~19:00

渋谷院 0120-3888-76 東京都渋谷区神南1-22-8 渋谷東日本ビル8F

新宿院 0120-3888-65 東京都新宿区西新宿1-22-15 グラフィオ西新宿5F

池袋院 0120-3888-25 東京都豊島区南池袋2-27-8 第10野萩ビル6F

銀座院 0120-3888-29 東京都中央区銀座1-3-13 The ORB Premiere(オーブプレミア)3F

梅田院 0120-3888-67 大阪府大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビルディング2F

心斎橋院 0120-3888-18 大阪府大阪市中央区西心斎橋2丁目3-2 御堂筋ミナミビル5F

トップに戻る